ブック   更新中


河合隼雄『しあわせ眼鏡』海鳴社1998年)

 

「しあわせ」をテーマに、河合さんの59編のエッセイ集。「しあわせ」と、ものの見方・考え方・生き方のヒントがここに。『しあわせ眼鏡』をかけてみたら。

『しあわせ眼鏡』をかけてみたら

9のつく日に更新中

 

 ▶ -1- はじめに (2020.11.9) 

 

 ▶ -2- 幸福とはなにか (2020.11.19) 

 

 ▶ -3- 郷土愛 (2020.11.29) 

 

 ▶ -4-    ?     (2020.12.9予定) 



小澤竹俊『死を前にした人にあなたは何ができますか』(医学書院2017年)

 

長年、緩和ケアに従事した医師の小澤さんが、患者さん・ご家族と向き合って学んだことは、『苦しみの中でも、幸せは見つかる』でした。



  シネマ 更新中


伊丹十三脚本監督『大病人1993年

 

プロデューサーと「そろそろ俺たちも死ぬということを真面目に考えてみようよ」 と作ったのが『大病人』。キャッチコピーは『僕ならこう死ぬ』です。

更新中です。

 

 ▶ 伊丹十三脚本監督『大病人』

 

 ▶ 登場人物の紹介