親御さんへの伝える前に


聞き書き見守り支援は、親子の間がつなげるコミュニケーションサービスです。始めてみると、第三者が介在することで、分かることも多く、喜ばれます。

 

ただ、「始めるまでが難しい」という方や「親のためを思って頼もうと思ってたけど断られた」という方もいらっしゃると思います。

 

親御さんは「子どもに見守られる」という状況に抵抗感を覚える方もいらっしゃいますので、親御さんへの伝え方のヒントをお読みください。


親御さんへの伝え方のヒント

 ご家族のメリット、安心をお伝えしてみましょう

親御さんのお気持ちに配慮する感じで。

 

  • 「おばあさんのことを孫にも伝えられるから、孫もきっと喜ぶと思うんだ」
  • 「元気にやってるってことを知るだけで安心するから、やってみませんか?」
  • 「自分が心配だから、サービスを受けてもらえないかな?」


親御さんのメリットや満足を伝えることはお勧めしません

 

お勧めしない伝え方

  • 話し相手がいないでしょ。暇つぶしにもなるんじゃない?
  • 1人でさみしいでしょ。誰かと話すと楽しいじゃない?
  • 急病になっても、誰にも気づかれないし、周りにも言える相手もいなんじゃない?


最初は戸惑うかもしれませんが、始めてしまえば、喜んでお話をしていただけると思います。まずは気軽にはじめてもらえるような言葉をかけてみてください。