· 

明らかになったヘルパー2021年度介護報酬改定の詳細について

昨日は「介護の日」ということで

ケアマネさんの2021年度介護報酬

改定の詳細についてメモしました。

 

 

ヘルパーさんの介護報酬改定のことも

見ておきたいと思います。

 

が、今までのおかしなルールが、

当たり前になった程度でした。

 

 

こんな変更だけでいいのかな?

 

と、違う動画みたら、

ヘルパーさんについての

最近の衝撃的な数字を発見。

 

 

①ヘルパー求人倍率15倍 2019年度

(全業種の有効求人倍率1.46倍)

 

②ヘルパー高齢化

・60歳以上が4割、70歳以上は1割。今後もさらに上昇しそう

 

 

③ヘルパー事業所数激減、200か所減(平成30年介護サービス施設事業所調査より)

・こっそりひっそりヘルパー事業所をたたんだ数を含めるともっと多い

 

④人材不足感

・急募でも反応はほとんどない。

 

⑤ハラスメント被害が多い

・74%の人が被害があると回答

・お客様だから、高齢者だから、認知症だからと泣き寝入りしている人もいそう。

 

 

 

悲惨な数値が並びました。危機的状況ですね。

 

 

ヘルパーさんはこれまで

介護報酬削減され、さらに

生活援助・家事援助が専門性が

低いから介護保険から

外すぞとさんざん言われた

みたいですね。

 

 

専門性が低いって

言われ方したら

ますます人は

集まらないですね。

 

 

NCUU(介護の労働組合にあたる)は

 

・介護報酬の改善

・複雑になった制度の簡素化

 

の2点を求めて、8月から署名活動。

 

 

2021年度介護報酬改定は

十分な改定とはならないようです。

 

 

下の動画

にいさんの『ケアマネの介護酔話』(Youtube)から

 

【悲報】ヘルパー衝撃的な5つの数字

を紹介しておきます。