· 

明らかになったデイサービス2021年度介護報酬改定

ケアマネ、ヘルパーにつづき

デイサービスの論点を4つメモしました。

 

①生活機能連携加算の見直し

生活機能連携とは、訪問リハや通所リハなどの外部のリハ職にデイサービスに来てもらって、個別機能訓練計画の作成や3か月に一度の訓練や計画内容の見直しを行うこと。

・算定率が1%。80%近く知られているけど、・・・

・月額千円から2千円。(安すすぎてということですね)

 

→ ICTの活用(オンラインで利用者さんの状態確認。リハ職との連携を認めるなどの調整中のよう)

 

 

②個別機能加算の見直し

・デイサービスにおけるリハビリ。

・機能訓練指導員を配置するのが難しい→大規模デイしかできない

 

 

③入浴介助加算の見直し

・算定率は94.5%。入浴目的でデイサービスへ。

・バスの送迎のように、しれっと基本報酬にふくまれちゃうかも。

・単なる入浴介助、見守り、声掛けではなくて、自立支援を踏まえたところにプラスの加算に変わりそう。

 

 

④地域との連携

・地域包括ケアシステムの構築という大命題がある。

・デイサービスも地域住民と交流やふれあいを。

 

 

 

介護保険って、ホントにお金がないんですね。

このまま、サービスは減らされていくのでしょうか。

 

やはりこちらでもこれから頼りにするところは

ICTの活用なんですね。

 

 

下の動画

にいさんの『ケアマネの介護酔話』(Youtube)から

 

【速報】 デイサービス2021年度介護報酬改定の詳細が明らかに!

 

を紹介しておきます。