· 

サツマイモ掘り

去年から豊田市の市民農園をお借りして、サツマイモを育てています。

 

 

7月に愛媛から無農薬の送ってもらった紅はるかの苗を40本植えていました。

あまり手をかけなくてもすくすく育ちました。

 

 

掘るのは楽しいのですが、一人で手でするのはけっこうなたいへん。 

せっかくなので、その時、縁のあった身近な人たちとその家族も誘って、何回か芋ほりを一緒に行きました。

 

 

畑には虫がけっこういます。あるファミリーと芋ほりをしたときには、来てくれた子どもが、かんさつ図鑑片手に、虫を探していました。

 

 

関心しつつ見ていたら、さっそくサツマイモの葉の上に虫を発見!

 

 

なんだ?

 

 

バッタ!

 

 

バッタにもいろんな種類があるので、よーく観察していましたよ。その後に、かんさつ図鑑の中の一つに指をさして、これだー!って。

 

 

バッタ以外にも、カエルやなにかの幼虫なども発見していました。

ちなみにサツマイモ掘りに関してぼくはシロウトなので、来た人にほぼアドバイスなしです。来てもらった人たちには、自由気ままに掘ってもらいました。サツマイモをキズをつけずに丁寧に掘っていました。

 

 

 

 

後日、「なにより子どもらが楽しんでいるのが楽しかった」と、パパさんから感想をもらったり、子どもがとてもおいしそうに焼き芋を食べているビデオも送ってもらったりして、僕はとっても喜んじゃいました。

 

 

毎日、多用なパパさんですが、休日に家族と楽しいひと時やほっとする時を共に過ごすのは、やっぱり素敵です。子どもにとっても、いい体験になるかな。

 

 

芋ほりもなかなかいいものです。